HOME >> 「DV教育プログラム−男性編−」について

「DV教育プログラム-男性編-」について

暴力とは

私たちは、暴力を「他人の尊厳をないがしろにするやり方で、自分の意志を他人に押しつけようとする全ての行動」と定義しています。

本プログラムの目的

本プログラムは被害者支援の一環であり,被害者の安全を最も重視しています。プログラムでは,参加者の方々が,暴力を用いず敬意をもってパートナーと接することが可能になることをめざします。そのためには、尊重しあえる関係、およびその対極にあるものについて知り、よいコミュニケーションを行う方法や技術を身につけることが重要です。プログラムは、これらについて学び、暴力でない新たな方法を自ら実践するためのものです。

内容

  • 尊重しあえるコミュニケーションとは
  • 家庭の中の暴力
  • 感情と気分
  • 尊重しあえるコミュニケーションを図る方法  など

上記の内容は、カナダのブリティッシュ・コロンビア州の基準となっている、「Respectful Relationship Program」をモデルに、認知行動療法などを取り入れた心理教育の手法にて行います。

日程

毎週月曜日(一部他の曜日になる場合があります)、全18回(1クール)

新規参加者の募集は、前期のプログラムについては2-3月頃、後期のプログラムについては8-9月頃に行います。
参加をご希望の方は、随時、「DV教育プログラムー男性編―お申込みフォーム」より、必要事項をご入力の上、御送信下さい。

時間

19:00〜21:00

場所

原宿カウンセリングセンター、ミーティングルーム 【 地図 】
原宿カウンセリングセンターは、この時間のみ使用させて頂いており、RRP研究会と当該センターは別組織です。お問い合わせ等は研究会のホームページcontents内、「お問い合わせ」よりメールにてお願い致します。

費用

プログラム参加費と別に初回面接の費用(8,000円)がかかります。
 
・プログラム費用90,000円(プログラム全18回、説明会1回、パートナーへの説明会1回、資料代を含みます。参加不可の日程がある場合も全額をお支払いいただきます。基本的に、理由の如何を問わず返金はいたしません。)

その他

18回を1クールとするクローズド・グループでのプログラムです。18回の内容は継続的な内容ですので、参加は18回すべてに出席可能な方に限らせていただきます。
皆さんに発言していただくために、人数は制限しています。