特定非営利活動法人RRP研究会 お問い合せ・ご相談は03-5485-3636

HOME >> RRP研究会とは

RRP研究会とは

ドメスティック・バイオレンス(DV)の被害者やその子どもが受ける精神的な傷は深く,様々な身体症状や精神症状を引き起こし,子どもの不登校や非行につながるケースも多くみられます。しかし,配偶者や恋人といった身近な者からの暴力であるため表面化しにくく,被害者に対する支援は不十分であるというのが現状です。
こうした被害者を精神的に支援し,また,加害者についての調査研究・更生教育も同時に行うことによって,被害者を救済すると同時に,DVを少しでも減らすことに貢献したいと考え,我々は,平成16年に任意団体としてDVに関する研究会を立ち上げました。研究会は内閣府の委嘱事業として東京都が平成16年度に施行した「DV加害者更正プログラム」の開発・実践に関わった精神科医,臨床心理士を中心として構成されています。平成19年12月には東京都によって特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受けました。
RRPの名前の由来は,カナダ ブリティッシュ・コロンビア州のプログラムの名称であるRespectful Relationship Program(尊重しあえる関係のためのプログラム)の頭文字から取ったものです。東京都のプログラムは終了しましたが、その後、平成17年度からは、当研究会主催として、DV教育プログラムの継続・改善を進めています。また,DV被害者と子どもを支援するためのプログラム,DV加害者に対する認知行動療法などをテーマとした数々のワークショップも開催しており,専門家の育成に力を入れています。

今後は,性犯罪被害者や性犯罪者の家族に対する支援も行っていく所存であり,DVも含め,こういった被害者を対象とする公的機関,児童相談所,カウンセリング機関,シェルター,精神科医療機関,大学,研究所等と横断的にネットワークを形成し,暴力によって傷ついた女性,子どもを早期に確実にケアすることによって,様々な心身の障害,犯罪等を予防する団体として機能していきたいと考えます。

RRP研究会の事業紹介

DVと虐待の包括的支援

DV被害者支援事業:DV被害者である母親とその子どものためのプログラムの開催
DV加害者更正プログラム実施事業:DV加害者に対する教育プログラム
DV加害者に関する調査・研究事業:上記プログラム実施の結果をもとにした研究会の開催

性犯罪の被害者と家族のための支援